高級羽毛ふとん、ベッド、マットレスの株式会社イワタ【寝具御誂専門店 IWATA】

ベッド・マットレス

ベッドフレーム

日本の木でベッドを作るプロジェクト

日本の木でベッドを作るプロジェクトロゴ
日本の木でベッドを作るプロジェクト

今、世界では森林の減少が止まりません。 森林の減少の速度は低くなってきているものの、年間約330万ヘクタールの森林が失われています。

一方、日本の森林面積は過去40年間ほとんど変化がありません。 国土のおよそ2500万haが森林でおおわれ、国土面積にしめる森林の割合は約67%にも達します。 森林率は、先進国の中でフィンランドに次いで2番目に高く、日本は世界有数の森林大国と言えます。

日本の森林は約4割が人工林、約5割が天然林、約1割がその他の森です。人工林は木材の生産が目的で、そのほとんどがスギ、ヒノキ、カラマツなどの比較的成長の速い針葉樹で占められています。

これらの多くは戦後に植林されたもので、30~50年を経過した今、木々は成長し、収穫期を迎えています。日本の木材自給率は近年回復基調にありますが、それでもわずか3割程度しかありません。日本の木材の需要量は年間7.5千万㎥ですが、その約7割を海外からの輸入材が占有しています。日本は資源が少ない国と言われますが、森林資源については、有効に活用されていない状況だと言えます。

木材は、数少ない再生可能な資源です。 大切に使えば、木の成長の範囲内で利用することができます。

イワタは国内の家具工房とのコラボレーションにより、 日本の森林で育った木を無垢材で使用して、オイルなどの自然仕上げでベッドを作る取り組みをしています。 イワタは、日本の森で育った木をできるだけ大切にしたいと考えています。

※上記の数値は2015年現在のものです。

イワタショップのご案内

Return Top