Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高級羽毛ふとん、ベッド、マットレスの株式会社イワタ【寝具御誂専門店 IWATA】

イワタ・フィロソフィー

 

イワタ私たちは、安全安心な良質の寝具をできる限り持続可能な仕組みで提供します。

 

以下の3つのS[SLEEP][SAFE][SUSTAINABILITY]を行動指針に事業を展開いたします。

①SLEEP(良質な睡眠を提供)

健康的な睡眠には規則的な生活習慣とともに快適な睡眠環境が不可欠であり、寝具やマットレス、ベッドが睡眠の質に影響することが知られています。睡眠には免疫力、治癒力、成長、あるいは疲労回復などの働きがあり、私たちは睡眠中にたくさんの重要な作業を行っています。

また、社会が24時間化し、ストレスが蔓延する現代、睡眠不足はメンタルの低下を招くことが知られており、心のケアの面でも睡眠の重要性が高まっています。

弊社は人々が健康的な睡眠がとれる寝具を開発・製造、提供していくことを第一に考えます。

 

②SAFE(安全かつ安心な品質)

寝具は毎日、長時間使うものだから安全、安心なものを使いたい。MADE IN JAPANなら大丈夫なはず。そう考えている人は多いと思います。

ところが、欧州やアジア諸国では、日本よりも厳しい有害物質に対する規制が設けられています。

弊社では、「IWATA」ブランド寝具すべてにおいて、開発段階から安全、安心を企図し、生地、羽毛、天然毛の主素材に加え、縫い糸、ファスナー、織ネーム等の付属品などすべてのパーツにおいても有害化学物質に対して安全性を確認したものを使用します。

製品レベルでエコテックス認証(繊維製品の国際的安全規格)を取得し、世界水準で安全安心を実証された寝具を製造します。

 

③SUSTAINABILITY(持続可能なものづくり)

1970年以前の主流であった「綿」の布団は、現在はほぼ見かけなくなり、「綿」にとってかわったのは石油を原料とする化学繊維です。また、生活の洋式化に伴い、鉄材を用いたスプリングベッドも普及しました。

近年は、自然素材ではない布団、マットレスが再生不可能な状態で供給されています。日本にはかつて、「綿」の布団を打ち直して再利用する知恵がありましたが、現在は大量生産、大量廃棄の流れが止まりません。

イワタは自然素材の使用、長寿命設計、メンテナンス、リサイクル、アップサイクリング、国産木材・竹材の活用等を通して、後世にかける環境負荷を抑えた持続可能なものづくりに取り組みます。

LINEでのお問い合わせはこちらから
イワタショップのご案内
Return Top