高級羽毛ふとん、ベッド、マットレスの株式会社イワタ【寝具御誂専門店 IWATA】

ベッド・マットレス

ラークオール® LARKOWL®

高級天然毛を贅沢に使用
スプリングを超えた匠のマットレス

素材や構造について熟知したマイスターが、一品一品精魂を込めて仕上げるオーダーマットレス。
カシミヤ、キャメルなど高級天然毛を贅沢に使用した、四季を通じて快適にお休みいただける寝具です。

鋼線スプリングにありがちな振動や揺れを解消し、クッション性と寝返りの打ちやすさも追求しました。
イワタが自信を持っておすすめできる自然派高機能マットレスです。

『ラークオール』3つの特徴

 

1.蒸れない

従来のマットレスに使用されているウレタン等は、放湿性が悪く蒸れやすいという問題がありましたが、『ラークオール』に使用されている天然素材は、湿度調節に優れ、蒸れにくいのが特長。良質な寝床環境を実現します。

2.揺れない

高級天然毛を上層ほど繊維が細くなるよう積み重ねました。さらに、ポリエステル製の芯材との組み合わせにより、振動や横揺れを解消。圧迫感を感じることなく、寝姿勢が安定し、寝返りもしやすくなりました。

3.暖かい

冬の寒い時期に、従来のマットレスには鋼線スプリングの冷気を伝えやすいという欠点がありました。『ラークオール』の金属を使用しない高級天然毛による積層構造は、保温性にも優れ冬も暖かいのです。

 

匠によるオーダーメイドマットレス

厳選した生地と素材を使用し、熟練の技を持つ職人が、一品づつ丁寧に仕上げます。

Arrow
Arrow

ArrowArrow

Slider

 

グッドデザイン賞受賞

グッドデザイン賞受賞グッドデザイン賞は、公益財団法人・日本デザイン振興会の主催で毎年デザインが優れた物事に贈られる賞であり、日本で唯一の「総合的なデザインの推奨制度」です。ラークオールは、審査員コメント集「私が選んだ一品」に掲載されるなど、そのデザイン性は高く評価されています。

 

ラークオールの仕組み

天然毛積層構造で圧迫感や痛みを感じることなく、姿勢が安定して寝返りを打ちやすい構造を確立

天然毛積層構造には、「体圧分散性」と「支持性」という2つの性質があります。「体圧分散性」とは寝具にかかる体圧を分散する機能、「支持性」とは身体の重みを支える機能です。

マットレスには「体圧分散性」と「支持性」が必要になってきます。しかし、この2つを両立することは困難であるのが現状です。例えば、ウレタンなどの柔らかい素材は、体圧分散性には優れていますが、支持性には改善の余地があります。柔らかい素材は、身体が沈み込んで姿勢が不自然になり、寝返りが打ちにくくなるのです。ウレタン素材は、吸湿に富みますが放湿に劣り、高温多湿である日本の夏季には蒸れて適しません。固綿などの固い中素材は支持性に優れますが、体圧分散性に改善の余地があり、圧迫感や痛みを感じるという問題が出てきます。

このような問題を解消するため、長さ60mm以下のウール状の天然毛と200mm以上のヘアー状の天然毛とを混綿し、カシミア、キャメル、ヤク、ホース、ジャコウ牛の高級天然毛を使い、下層にいくに従って直径が太くなるような積層構造にしました。上層ほどヘアーの横方向の張りが弱くなるため、クッション性に富み柔らかく、下層ほどヘアーの横方向の張りが強くなるため、弾力が大きくなります。

このように、積層構造にすることにより体圧分散性と支持性が両立した、圧迫感や痛みを感じることなく、姿勢が安定して寝返りが打ちやすい構造が成立しているのです。使用している天然素材は、混入した不純物を取り除き、清潔度を高め、日米欧などで国際特許が認められたイオン化技術で繊維を活性化してあります。

Arrow
Arrow

①キャメル
ArrowArrow

Slider

クッションユニットの組み合わせをお選びいただけます

カシミア、キャメル、ヤク、ホースに加えジャコウ牛の天然毛を使用。天然毛は温度調節に優れ、その蒸れにくさと保温性は、四季がはっきりしている日本には最適の素材です。

天然毛は混入した不純物を取り除き清潔度を高め、イオン化技術で繊維を活性化してあります。体の重さを支える支持性と体の圧力を分散するクッション性にも優れています。クッションユニットは、右の4つのパターンからお選びいただけます。

 ※ジャコウ牛はMEタイプ限定

クッションユニット使用素材

マットレスの上層には天然高級毛をふんだんに使用しています。天然毛は、保温性、吸湿性、放湿性、透性に富むことが知られている素材。ウレタン素材のような蒸れ感を感じることなく、寝床内の温度、湿度の安定化が促進されるのです。

キャメル

キャメルモンゴル南ゴビ地方に放牧されているフタコブラクダの毛を使用。夏の気候は45℃に達し、冬は氷点下40℃まで下がる厳しい自然環境に適応するため、その原毛は保温性・吸湿性・放湿性に優れています。キャメル毛は、放湿性が羊毛よりも優れ、常に40~50%の理想的な湿度状態を保てます。

就寝中における発汗は、掛け布団に30%、敷き布団に70%吸収されているため、キャメルは敷き寝具として最も適した性質を持っていると言えます。キャメル毛をクッションユニットの上層に置くことで、蒸れない抜群の放湿性と暖かさが両立したマットレスを実現しました。

ヤク

ヤクは、モンゴル奥地などの寒冷な高地や山岳地帯に生息しています。ヤクのウールは、別名チベットカシミアとも言われるほど柔らかく繊細で、高級織物としても使用されています。また、長くて太いヘアーはロープや帽子に使用されるほど丈夫です。ヤクの体毛は耐久性、保温性、吸湿・発散性に優れていることから、特に敷き寝具の素材として最適です。

丈夫で強いヘアーと柔らかく繊細なウールを混合したヤクの天然毛をマットレスに用いることで、保温性と支持性、ヘタリにくさを両立したマットレスが出来上がりました。キャメルよりも繊維の太いヤクのヘアーをキャメルの下に用いることで、より身体をしっかりと支えてくれます。

ホース

ホースドイツ語圏では「貴族は馬の毛のマットレスで、庶民は藁で」とも言われるほど、馬の毛はソファやマットレスをはじめ、高級車のシートのクッション等、古くから伝統ある高級素材とし用いられています。一頭の馬からとれる毛は微量で、非常に貴重な素材です。バイオリンの弦に使われるように強くしなやかで太く長い毛が特徴的です。

弾力性に富み、支持性・耐久性に優れたホースの毛を贅沢に敷き詰めることで、睡眠時の身体をしっかりと支えます。湿度と温度の調整機能など、通気性にも優れています。

カシミヤ

カシミヤ良質のカシミヤは寒暑の厳しい山岳地の自然環境の中に生息するカシミヤ山羊の中からしか得られないという制約があります。1頭のカシミヤ山羊から150~200gほどの量しか採取できないため大変珍重されています。

カシミヤの毛には滑らかでビロードのような光沢と独特のぬめりがあり、柔らかさ、風合い、軽さ、保温性の点においてもズバ抜けています。また、カシミヤ毛は羊毛に比べ極端に繊細なことから、水の浸入が早く吸水性に優れ、蒸れにくいのが特徴です。

イワタでは、体圧がかかるマットレスにカシミヤを使用した際の、ピリング(摩擦によって生じる毛玉)が生じやすいという問題点を解消するため、カシミヤの毛にキャメルの毛を混合する方法を用いています。これにより、カシミヤの長所を最大限に活かしながら、キャメルのみを使用したマットレスよりもより柔らかく、保温性に優れたマットレスが出来上がりました。

ジャコウ牛

天然の草を食べ、原始に形成された氷河の水を飲むため、毛質は並外れてピュア。多孔質構造により、保温性と透湿性が際立って優れています。

コアユニット使用素材

マットレスとしての厚みを出し耐久性を高めるために、積層構造のポリエステル製芯材を採用しました。再生資源化が可能な素材を使用しています。結露を防ぐために、吸・放湿性の良い麻フェルトで芯材を包みました。

麻(Ramie)

麻(ラミー)吸湿、発散、熱伝導、通気、耐久性など、日本のような高温多湿の環境での使用に適する天然素材。なかでも繊維のコシが強く、耐久性に優れた『ラミー』を使用しています。樹脂をまったく使用せずに丹念にフェルト化することでへたりにくくなっています。

ラミーは天然繊維の中で最高の強度を持っており、水に濡れると強度はさらに増すという特性があります。水分の吸収、特に放湿・発散性に優れているという特徴も持っています。

ポリエステル I‐クッション(Polyester I-Cushion)

ポリエステルI-クッションは、イワタが考えるノンスプリングのポリエステルクッションのコンセプトを示す用語です。上下層に使用しているポリエステルは、繊維方向が縦に、中層に使用しているポリエステルは方向が横になっています。湿気はこの縦と横の繊維の通り道を通り、外に逃げるという仕組みです。マットレスの耐久試験機を導入し、8万回の圧縮試験を実施しています。

様々な素材と構造の組み合わせを繰り返し、検証した結果、快適な寝ごこちとともにへたりにくい強さが生まれました。耐用年数経過後には、廃棄が困難だったスプリングマットレスと違い、I-クッションは回収して再生(復元処理化)、または再資源化も可能です。コアユニットにポリエステルを使用しているので、従来のスプリングを使用したマットレスに比べて、軽くお手入れがしやすいという特徴もあります。

生地はコットン100%のオリジナル仕様

樹脂加工を施していないオックスフォード織の生地は、吸湿性・発散性に富み快適な寝床環境をサポート。
無地染3色の中からお選びいただけます。

コットンオックスフォード・ホワイトオーク
コットンオックスフォード・フローラルピンク
コットンオックスフォード・スモーキーブルー

特殊技術を用いて不純物を徹底除去

エコテックスロゴマーク天然素材はイワタの特殊技術を駆使し、薬品を使わずにイオンを発生させることで不純物を徹底除去しています。また同時に発生したオゾンで、殺菌、漂白、脱臭も行い、素材そのものが持つ能力を最大限に発揮させることに成功しました。

赤と白から綴じ糸の色がお選びいただけます

上下の飾り房は、白と赤の2色から選ぶことができます。
布団づくりのマイスターの手により、数十センチの専用針でしっかりと綴じられています。

ラークオール・レッド【赤】
ラークオール・レッド【白】

ご希望のサイズをお作りします

定番サイズ以外の特別なサイズもお作りすることが可能です。
MH, ML, MSタイプは幅160cmX長さ210cmまで、MT, MEタイプは幅200cmX長さ210cmまで対応できます。

仕立て直しが可能です

耐用年数経過後に、布団のように仕立て直しやパーツ交換が可能です。

お客様のお名前を印字することができます。【無料サービス】

オーダーメイドマットレス『ラークオール』は、他にはないあなただけのもの。
お誂えの証としてお名前を入れさせていただきます。

ラークオールの寝ごこちを科学しました

夏の寝ごこちについて
マットレス上の温・湿度をラークオールとウレタンマットレスで比較した結果、温度両条件で上昇したが、Aでは湿度が大きく低下していました。(実証①)

ラークオール実験データ①

ウレタンの方が、マットレスを冷たくしたい要望が強く、蒸れていると感じている者が多かった。(実証②③)

ラークオール実験データ②③

※World Sleep 2011にて発表

冬の寝ごこちについて
布団の中の温度と湿度をラークオールとスプリングマットレスで比較した結果、Aで温度が上昇。加えてAでは湿度も抑えられていました。(実証①)

ラークオール実験データ①

ラークオールの方が足が暖かく、睡眠中もかいてきであることがわかりました。(実証②③)

ラークオール実験データ②③

※日本生理人類学会第67回大会にて発表
※本データの転載を禁止します。

ラークオールのラインナップ・仕様

コアユニットとクッションユニットの組み合わせにより、お好みの支持性とクッション性を実現できます。

  • MHタイプ:スタンダードモデル
  • MLタイプ:固いマットレスがお好みの方向け
  • MTタイプ:クッション性が欲しい方向け
  • MSタイプ:横向きの寝姿勢が多い方向け
  • MEタイプ:ラグジュアリーを追及したい方向け
MHタイプ(スタンダード)【マット高さ:20cm】
MLタイプ【マット高さ:15cm】
MTタイプ【マット高さ:23cm】
MSタイプ【マット高さ:20cm】
MEタイプ(プレミアム)【マット高さ:25cm】

イワタショップのご案内

Return Top