高級羽毛ふとん、ベッド、マットレスの株式会社イワタ【寝具御誂専門店 IWATA】

イワタニュース

2017年2月イベント情報 [アイディアをかたちに~人類進化ベッドはこうしてできた]

野生のチンパンジーの寝床をヒントにうまれた「人類進化ベッド」。このユニークなモノの開発ストーリーを1つの事例としてご紹介しながら、ユニークなアイディアが、形になり、そして世に送り出されるまでに、どのような人がどのような活躍をしたのか、探ってみたいと思います。

講師

石川 新一

東南西北デザイン研究所代表/環境デザイナー

1969年大阪府生まれ。GK京都を経て、東南西北デザイン研究所設立。現在、京都造形芸術大学非常勤講師、大阪工業大学非常勤講師。2014年SDA賞入選(INAXライブミュージアム 世界のタイル博物館)。人類進化ベッド開発のデザイン担当。

座馬 耕一郎

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科研究員

専門は人類学、霊長類学。野生チンパンジーやニホンザルの行動、生態、社会、文化や、人の暮らしの中におけるそれらの動物の位置づけについて研究をおこなっている。著書に『チンパンジーは365日ベッドを作る』(ポプラ社 2016)がある。人類進化ベッドの発案者。

岩田 有史

株式会社イワタ代表取締役/快眠研究家

1983年、家業である京都の老舗寝具メーカー(創業1830年)に入社。1988年より独学で睡眠の研究を始める。睡眠環境、睡眠習慣のコンサルティング、眠りに関する教育研修、寝具の開発、睡眠環境アドバイザーの育成などを行っている。「人類進化ベッド」の開発において、寝具開発におけるプロフェッショナルの立場から協力。

イベント詳細

開催日2017年2月17日(金)
開催時間19:00〜20:30 (開場 18:30)
※19:15分を過ぎても会場に到着されていない場合はキャンセル扱いとし、
お席の確保はできかねますので、あらかじめご了承ください。
会 場CAFE Lab.
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F 
定 員50名(高校生以上/ 本ページからの事前申し込み / 申込先着順)
※キャンセル待ちはお受けできません。予めご了承ください。
参加費500円(1ドリンク代)
テーマアイディアをかたちに:人類進化ベッドはこうしてできた
講 師石川 新一(東南西北デザイン研究所代表/環境デザイナー)
座馬 耕一郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科研究員)
岩田 有史(株式会社イワタ代表取締役/快眠研究家)

イワタショップのご案内

Return Top